ハード出会いかディスポーザブルの柔らか出会いかセレクトに迷う言動について

ボクは視力が酷く、眼鏡は反発を察するのでハイスクールを卒業してしばらくしてコンタクトを使用することになりました。
そのことは困難レンズを使用していましたが、今はディスポーザブル柔和レンズも大普及しており、
私の周りの人たちもほとんど柔和レンズだ。
私も今現在は困難コンタクトが主流ですが、随時ワンデーのディスポーザブル柔和を利用しています。
困難レンズは毎日の加工は修復がめんどくさく、目にクズが入ると痛みが尋常ではありません。
反面、ワンデーソフトならば加工は一部始終必要なく、目にクズが入って痛みに考え込むといったことも
ありません。それに困難レンズは少し目に当たっただけでも落ちて紛失するリスクもあります。
私も困難レンズは近年においては1年に1回ぐらいの割合で紛失します。
30年日数困難レンズを着用してきましたが、これまで10回ぐらいは紛失したことでしょう。
痛みと失念の心配、加工のエネルギーなどを考えるとディスポーザブルの柔和が安心かなと思ったりも決める。
ただディスポーザブルの柔和はコストが陥ることです。
両方のレンズの長所と短所を考えると決心に迷うところだ。
そこで売り買いなどで帰りが遅くなり、窮屈とおもう太陽にはエネルギーを取り除くためにディスポーザブルのワンデーを使用しようと思います。
やはり結果、困難レンズとワンデーの両方を併用して上手に使っていくことになるというソリューションに達しそうです。ドモホルンリンクルを頼んでみました。

ハード出会いかディスポーザブルの柔らか出会いかセレクトに迷う言動について